SF・ミーツ・ドキュメンタリー!

「メイキング・オブ・T2 /メイキング・オブ・T2 3D 」

Dr.G.Hotter(SF映画研究家)

映画「ターミネーター」は「タイタニック」「アバター」等で知られるジェームズ・キャメロン監督の出世作である。一言で言うと「未来の世界から現代に送り込まれた殺人マシーンがターゲットとなる人物を抹殺しにくる話」だ。1984年に公開され世界的大ヒットとなりターミネーター役のアーノルド・シュワルツェネッガー(以下シュワちゃん)もこれで一躍大スターの仲間入りを果たした。その後、映画はシリーズ化され続編の「ターミネーター2(以下T2 )」は当事最先端のCG (コンピューターグラフィックス)技術を用いてスケールアップし特大ヒットを飛ばした。その後も「ターミネーター3」、「ターミネーター4」、「ターミネーター新起動」が順次公開され、更に「ターミネーター・サラ・コナークロニクル」というTV シリーズやCG映像の「ターミネーター・サルベーション」も制作された。

但しキャメロンが関与しているのは映画の「2」までであり、「3」以降はシュワちゃんが出演しているもののキャメロンは基本的に関わっておらず、残念ながら大変ガッカリな出来の作品もある。ではキャメロンはその間一体何をしていたのか?何と探検家として潜水艇を造り海底探査をしていたのである。しかしこの事は本題とは全く関係ない。

実はその時キャメロンはユニバーサル・スタジオのアトラクションである「T2 3D 」を制作していたのだ!これは現実の演者によるライブアクション(生のスタントショー)と70㎜の3D 映像を組み合わせたテーマパークのアトラクションである。この3D 映像を制作するにあたりシュワちゃんを始めとする「ターミネーター2 」オリジナルキャストも集められ、キャメロンが作り上げた映画「T2 」のその後の世界を見事に描きだす事に成功したのである。つまりアトラクション用の作品ではあるが「T2 」という映画の唯一の続編は何やらという幾つかの映画ではなく「これ」なのである。なぜならターミネーターという作品はキャメロンそのものでありキャメロン抜きのターミネーターシリーズ等あり得ないからである(でも「3」以外はけっこう好きなんだけど…)。

という事でこの「メイキングオブT2 」(映画の制作過程のドキュメンタリー)及び「メイキングオブT2 3D 」(アトラクション映像の制作過程のドキュメンタリー)にはその辺の事がバッチリ描かれているので是非ともご覧頂きたい。

さてその後キャメロンは映画「タイタニック」「アバター」に着手する訳だが何せCG 技術を極める為に自分で会社を興すような男である。おそらく「T2 3D 」の経験によって3D の世界に開眼したのであろう(そうに決まっている)。アバターの時には前代未聞の3D 技術を開発、駆使して非常に奥行きのある、もはやそれまでのものとは全く別次元の3D 映像を作り上げてみせた。私が子どもの頃は赤と青のセロハンを貼ったショボい眼鏡をかけ、3D なのか単なる見にくい映像なのか分からないような代物を見せられたり、はたまた「ジョーズ」や「13日の金曜日」シリーズ等が3作目のタイトルに引っかけ3D 映画を出してきたが、やはり子ども騙しの域を出る事はなかった。(子どもだったから騙されたけど。)

しかし天下のディ○ニーランドが「キャ○テンEO 」や「スターツ○ーズ」辺りをアトラクションとして導入する頃には「スゲ!」とか「オオ猛烈!」と思わず叫んでしまうほどに素晴らしい3D 映像が体験出来るようになってきた。映画「アバター」登場後にいたってはやたらに3D 映画が巷に氾濫し、3D テレビが普及し、ゲーム業界においても様々な3D アイテムが次々と発売された。最近のVR ゲーム等は頭部にヘッドセットを装着しSF 感覚全開の状態で3D のゲームや映画を楽しむ事ができ、正にそこにいるとしか思えないような仮想現実の世界に浸ることができるようになった。そういう設定(仮想現実)のガジェットが登場する映画「トータルリコール」「ブレインストーム」「マイノリティリポート」の世界そのまんまであり、ついに現実がSF に追いついてしまう事態となっている。かのキャメロンはと言えば全身これ3D 野郎と化してしまい(そもそも人間は3D ではある。)2020年から順次公開予定の「アバター2~5」の製作をせっせと行っている。過去の自分の作品の3D 化にも余念がなく「タイタニック3D 版」を公開したりもしている。

そしてタイタニックの後、着手した映画「ターミネーター2 3D 版」はこの夏8月11日から日本で世界最速劇場公開される。25年も前の映画を現代の驚くべき技術で3D 化したそうだ。上記アトラクションと似たタイトルでややこしいがこれは新旧ファン必見の映画である。

※2017年発行サポーター通信の原稿を一部修正

「メイキング・オブ・T2 /メイキング・オブ・T2 3D 」
監督:デヴィッド・G・ハドソン、エド・マーシュ テッド・ガーヴィ
出演:ジェームズ・キャメロン、アーノルド・シュワルツェネッガー
30分+23分(ターミネーター スペシャルエディション収録)

Facebookページ
Twitterをフォロー
第8回うらやすドキュメンタリー映画祭