Vol.48来場御礼!次回上映会Vol.49は12月5日(日)に開催!
香港民主化運動を続けるポップスター『デニス・ホー』上映!

チラシvol.49"

9/20(月祝)開催のうらやすドキュメンタリーテークVol.48『東京干潟』上映会にご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!当日は絶好の秋晴れに恵まれたこともあってか、予想以上のお客様にご来場いただきました。本作は、昨年開催予定でした「うらやすドキュメンタリー映画祭」で上映候補だった作品で、干潟と関係の深いここ浦安でようやく今回上映することができました。
 上映後は村上監督に登壇いただき、テレビで放送していた北海道の干潟のドキュメンタリー番組を見て関心をもったのがきっかけで、多摩川河口の干潟に行ってみたところ、その場所に惹かれて翌日から撮影を始めたといういきさつや、撮影を通して感じた干潟の重要性や魅力・怖さ、映画の反響、主人公のホームレスのしじみのおじいさんの人柄、映画のその後の話など、大変興味深いお話をしていただきました!

 さて次回vol.49上映会の詳細が決まりました!『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』を上映します。香港ポップス界のスーパースター、デニス・ホーが「雨傘運動」と呼ばれた香港の民主化運動に関わっていく様を長期密着取材で追ったドキュメンタリーです。今年12月中旬には香港で立法会(議会)選挙が予定されており、香港国家安全維持法や出馬に際して様々な制約が課される中、その動向が注目されていますので、あらためて香港を知る上での必見の作品です。
 上映後は、現在中国研究がご専門の阿古智子東京大学大学院教授をお呼びしてトークイベントも予定しています。感染対策を万全にしてお待ちしておりますので、体調に問題の無い方はぜひ足をお運びください!

チラシのダウンロード

うらやすドキュメンタリーテークVol.49上映会 開催概要
上映作品 『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』
(スー・ウィリアムズ監督/2020年/アメリカ/83分)
日時 2021年12月5日(日) 19:00
★受付開始、開場時間は上映開始30分前(18:30)
★上映後、阿古智子さん(東京大学大学院教授)によるトークイベント有
会場 J:COM浦安音楽ホール4F・ハーモニーホール
※JR京葉線・武蔵野線 新浦安駅 徒歩1分
※専用駐車場はありせん。公共交通機関をご利用下さい。
入場料 一般・学生・シニア 999円
サポーター会員   799円
高校生以下     500円
小学生未満     無 料

★事前予約優先 *12/4[土] 24時まで受付
ご予約はこちらから 

事前予約/問合せ info@urayasu-doc.com/070-5454-1980

★新型コロナウイルス等感染症予防対策のため、ご協力をお願いいたします★
・当日、発熱や風邪のような症状のある方につきましては参加をお控えください
・会場入場時にアルコール消毒等手洗いにご協力ください
・必ずマスクを着用してご参加ください
・施設の規定により、来場者の把握のため入館者票のご記入をお願いいたします
・新型コロナウイルス感染症拡大状況によりましては、上映会、トークイベントを中止とさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

「浦ドキュコラム」ページ更新中!

サポーター会員向けに発行しているサポーター通信で、発行当初から連載している好評コラム「SF・ミーツ・ドキュメンタリー!」のバックナンバーを本サイトに掲載中。浦ドキュスタッフで自称?SF研究家のDr.G.Hotterが独自の視点でSFドキュメンタリー映画を斬ります。サポーター通信では紙面の関係で掲載できなかった内容も盛り込まれておりますので、是非ご笑覧下さい!
また、コロナ禍で自粛生活が続く皆様に、浦ドキュスタッフが自宅で視聴をオススメするドキュメンタリー映画を5作品もご紹介中です。お時間ありましたらDVD、配信でぜひご覧下さい。
ページはこちら

お知らせ

      
  • vol.48『東京干潟』は無事終了いたしました(2020/9/20)
  • vol.47『プリズン・サークル』は無事終了いたしました(2020/7/10)
  • vol.46『なぜ君は総理大臣になれないのか』は無事終了いたしました(2020/4/29)
  • vol.45『i-新聞記者ドキュメント-』は無事終了いたしました(2020/12/6)
  • vol.44『主戦場』は無事終了いたしました(2020/10/10)
  • vol.43『福島は語る』は無事終了いたしました(2020/2/15)

Facebookページ
Twitterをフォロー
第8回うらやすドキュメンタリー映画祭