Vol.47『プリズン・サークル』は無事終了いたしました

トークの様子

昨日は梅雨の晴れ間でお出かけ日和の中、Vol.47上映会『プリズン・サークル』に足をお運びいただいた皆さま、どうもありがとうございました!最近は雨が続き、天気が心配でしたが、うって変わって暑くて大変なくらいの陽気になりましたね。
上映後には本作を監督された坂上 香さんにご登壇いただきました。映画の舞台となった「島根あさひ社会復帰促進センター」にTC(*)を導入するきっかけとなったのが、坂上監督の1作目『Lifers ライファーズ 終身刑を超えて』を担当の方が見に来ていたからというエピソードや、その後も施設の運営に関わって行き、講師として受刑者や支援者の方々とかかわっていったこと、日本で初めて刑務所で導入されたTCプログラムが本当に良く機能していて、これは映画に撮って色んな人へ伝えていこう、と思い映画を制作するに至ったこと、そして実際刑務所にカメラを入れる事は本当に大変で、撮影が始まってからもかなりの規制があり、映画として成立する素材を中々撮ることが難しくて、やっとストーリーとして成立する映像がとれた人達が映画に出てくる4人であり、映画にした素材は撮影した2割だけであったこと、など様々なエピソードを30分では足りないほど濃い内容でお話しいただきました。
さて次回vol.48上映会は9月下旬ごろに開催を予定しております。詳細が決まりましたらHP、facebookなどでお知らせさせていただきますので、楽しみにお待ちください。まだまだ状況が不安定な中、いつも足をお運びいただきありがとうございます。これからもしっかりと感染対策を実施し、みなさまに安心して映画を見て頂ける様、スタッフ一同つとめて参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

*TC(セラピューティック・コミュニティ):Therapeutic Communityの略。コミュニティ(共同体)が相互に影響を与え合い、新たな価値観や生き方を身につけること(ハビリテーション)によって、人間的成長を促す場とアプローチ。(映画『プリズン・サークル』HPより抜粋)

「浦ドキュコラム」ページ更新中!

サポーター会員向けに発行しているサポーター通信で、発行当初から連載している好評コラム「SF・ミーツ・ドキュメンタリー!」のバックナンバーを本サイトに掲載中。浦ドキュスタッフで自称?SF研究家のDr.G.Hotterが独自の視点でSFドキュメンタリー映画を斬ります。サポーター通信では紙面の関係で掲載できなかった内容も盛り込まれておりますので、是非ご笑覧下さい!
また、コロナ禍で自粛生活が続く皆様に、浦ドキュスタッフが自宅で視聴をオススメするドキュメンタリー映画を5作品もご紹介中です。お時間ありましたらDVD、配信でぜひご覧下さい。
ページはこちら

お知らせ

      
  • vol.46『なぜ君は総理大臣になれないのか』は無事終了いたしました(2020/4/29)
  • vol.45『i-新聞記者ドキュメント-』は無事終了いたしました(2020/12/6)
  • vol.44『主戦場』は無事終了いたしました(2020/10/10)
  • vol.43『福島は語る』は無事終了いたしました(2020/2/15)

Facebookページ
Twitterをフォロー
第8回うらやすドキュメンタリー映画祭